漢方と薬膳な日々~日々是好日

漢方の奥深さに魅了され日々の学びを綴っていきます

【感染症と漢方薬】 

今日は祝日山の日⛰

 

本日からお盆休みの方いらっしゃいますか?

 

今年は3年ぶりの行動制限が無い夏休みなので、

ご家族やご友人、大切な人と旅行に行かれる方も多いのでしょうか??照れ照れ

 

 

旅行から帰ると、疲れがどっと出たり煽り煽り

のどが痛くなったりえーんえーん

風邪の初期症状が出る事ありませんか?

 

そんな時、

「風邪の引き始めに飲むと効果がある」葛根湯を飲まれるでしょ

うか?

 

風邪の諸症状に効果のある漢方薬は沢山あるのですが、

 

実はその中の有名な処方は、

実は昔の「流行り病(はやりやまい)」

今でいう「感染症」に対する処方が、現代にも使われているのですびっくりびっくり

 

 

例えば葛根湯。

 

「漢」の時代(BC206年~8年)、発熱が続く流行り病で沢山の方

が亡くなる中、「柴胡」「麻黄」という生薬(しょうやく)が熱

を下げる効果があるというのが判明

 

その中で「葛根湯」という処方が生まれました。

 

 

柴胡には気を巡らせ熱を発散させる効果

 

麻黄には体を温め発汗させる効果

 

葛根(葛の根)には体の表面の熱を発汗で下げる効果がありま

す。

 

そんな生薬の効能は、体に熱がこもっている場合にはとても有効

なのですが、

 

逆に言えば、発汗して熱を下げる体力が無い、お年寄りやお子様

にはカラダに負担になってしまう可能性もあります。滝汗滝汗

 

 

また、悪寒が伴う発熱には効果があるのですが、

悪寒が伴わない発熱、熱が上がり下がりするなどの症状には

実は別の漢方薬が効果ががあります。ポーンポーン

 

 

自然の生薬で構成される漢方薬は、一般的に「副作用が少ない」

と、いわれていますが、やはり体のタイプや症状に併せて

正しく使用するのが望ましいです。

 

 

あるドクターは漢方薬を「定食」に例えていました。

生薬を組み合わせて、その方に合う「生薬の定食」を

ご提供する。なんだか面白い考え方ですよね。

 

 

わたしの体の不調に合う生薬や漢方ってなんだろう??

 

そう思われたら、このブログを書いている効果があったと言う事かな(笑)⁉

 

わたくし飛び上がって喜びます笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

 

 

暑いですが、夏しかない解放感ありますよね?

 

どうぞ無理なく楽しい夏休みをお過ごしくださいね花花